「交通費は安くしたい」そうお考えの方必見!安く楽しく旅行をする方法とは?

- 基本的には購入が早いほど価格も安くなる

「SALES」と表記された歯車

基本的には購入が早いほど価格も安くなる

国内の格安航空券に関しては、基本的に購入が早いほど価格の方も安くなります。したがって、少しでもお得に旅行を楽しみたいと思っているなら、なるべく早い時期に航空チケットを購入しておきたいところです。

いろんな割引プランが提供されている

格安航空券と言っても、それぞれの航空会社ごとにいろんな割引プランが提供されています。例えばANAの場合、旅割にも21日前・28日前・45日前・55日前・75日前のプランが用意されています。他にも、特割やプレミアム旅割や乗継特割など、いろんな割引プランがありますから、自分に最適なプランを選ぶことができます。

これらの中で、最も安く利用できるのは旅割の75日前プランとなっています。75日前までにチケットの購入をしなければならないので、かなり早い時期から旅行スケジュールを決めなければなりませんが、割引率はとても高くなっていますから、かなり予算を抑えることができるでしょう。

取消手数料に注意する

ただ、早く購入するほどお得になるとは言っても、すぐに飛びついてしまうのはちょっと待ってもらいたいです。なぜなら、こういった割引プランは購入後にキャンセルをすると、取消手数料を払わなければいけなくなるからです。

ANAに関しては、搭乗日の55日前までなら払戻手数料だけで済みますが、それ以降は30%から100%の取消手数料が発生することになります。したがって、急な用事が入って日程を変更しなければいけなくなった時に、手数料を払って新たにまた航空券を購入しないといけなくなるので、かえって高くついてしまう可能性もあります。

もしも、旅行のスケジュールをなかなか決められなかったり、予定が変更になる確率が高い場合には、無理に早い時期に購入するのは避けた方がいいかもしれません。21日前や28日前でも十分に安く利用できるので、そちらを検討してみるのもいいでしょう。

シーズンや時間帯によっても価格は変わってくる

また、同じ割引プランの格安航空券でも、シーズンや時間帯によっても価格は変わってきます。やはり、国内旅行が盛んな時期になると、それだけ割引率も低くなる傾向にあります。また、午前の時間帯や夕方から夜にかけて出発する便は、それだけ需要の方も大きくなっているので、価格の方も高めに設定されています。

逆に言えば、閑散シーズンや早朝や深夜に出発する便であれば、より激安料金で利用することができるので、かなり狙い目となっています。