「交通費は安くしたい」そうお考えの方必見!安く楽しく旅行をする方法とは?

- 旅行の日程をいつぐらいに決められるか

「SALES」と表記された歯車

旅行の日程をいつぐらいに決められるか

格安航空券はとても便利なサービスとなっていますが、実際に利用するかどうかは、国内旅行の日程をいつぐらいに決められるかによって考えないといけません。そうでないと、余計な出費を伴うことになったり、予算を抑えるどころか逆にオーバーしてしまう可能性もあります。

直前になるほどキャンセル料が高くなる

格安航空券が提供している早期割引プランは、購入すればその時点からキャンセル料の対象になることが多いです。航空会社によっては、一定の時期まではキャンセル料がかからないケースもありますが、いずれにしても2か月前ぐらいになれば手数料の支払いは避けることができません。

つまり、割引プランで航空券を購入するのであれば、少なくともその時点である程度旅行のスケジュールを決めておかなければなりません。少なくとも、日程に関しては確実に決めなければなりませんし、尚且つ変更の可能性が極めて低い日程を選ぶ必要があります。

キャンセル料に関しては、直前になればなるほど高くなりますから、特に旅行をする数日前のキャンセルだけは絶対に避けたいところです。かなり前のタイミングであれば、20%や30%程度の手数料で済むので、それなら仕方がないと思えるかもしれませんが、60%や80%あるいは全額ともなれば、かなり痛い出費を強いられることになります。

キャンセル料のリスクを回避するためには

キャンセル料のリスクを回避するためには、国内旅行の日程をしっかり決めてから購入することが第一となります。ただ、そうなると最安値のプランで購入するのは困難だという人もいるでしょうし、もっと言えば割引プラン自体の利用が難しいというケースもあるかもしれません。

その場合は、割引率は低くなってしまいますが、特割のようなキャンセル料がほとんど発生しないプランを利用するか、場合によっては普通運賃での利用も検討しなければいけないかもしれません。

ただ、リスクばかりを恐れていてはどうしようもありませんし、急な用事が発生してしまったらそれは仕方がないことですし、ある程度割り切って考えることも必要でしょう。少なくとも、よっぽどのことがな限り日程を変更する可能性が低いのであれば、トータルで考えれば格安航空券を利用した方がいいかもしれません。

まずはキャンセルの詳細をしっかりと確認しておく

どちらにしても、航空券を購入する前にまずはキャンセルに関する詳細を忘れずに確認しておくようにしましょう。特に、どの時期からキャンセル料の対象になるかは、繰り返しチェックしておきましょう。